2017年12月15日金曜日

麻原三女さんについて思うこと

おせっかいと思われても仕方がないが、麻原三女さんとその関連にもしものことがあってはならないと思って書く。

ブログ記事にもしたけど、麻原三女さんと次女さんの動向がなんかへんだ。

で、なんでそもそも、麻原三女さんは表に出てきたんだろうと考えた。

・公安に調査対象(事実上のオウムやらアレフ幹部と認定)になっているため、無実を主張する

・麻原彰晃が無実かもしれない、罪状については留保が妥当だと主張する


そんな感じがあるんだけど、何せことはオウム真理教事件だ。社会的に重大さをもたらし、今尚オウムはテロ集団ではないのかと断定されかけている(ロシアでは断定されてる)カルト集団。
実際に、オウム真理教後継団体のひかりの輪は、事件や麻原信仰を隠蔽してなんの罪もない人から金品などを搾取している動向がうかがえる。

三女さんがひかりの輪ほど搾取してないだろうなとは思えど、様々な憶測や噂は飛び交う。そして、実質公安は麻原の後継者の一人として三女さんを調査対象にしている。

三女さんが、普通に就職して社会生活を営んでいるなら、マジでそっとしてあげたい。

でも、実際、三女さんはブログを作り、本を出し、表に出た。麻原彰晃の罪状を留保するとし、「アーチャ語り」なるイベントに出演している。「アーチャ」が三女さんのホーリーネームだった「アーチャリー」を示すのは明らかである。

え、三女さんてやっぱり「アーチャリー」でいたいの?

と考えるのが妥当だ。

確かに、四女さんと比べ、三女さんは麻原の寵愛を受けていたのだろうから、麻原に対する印象が良いのは納得する。
でも、やはり地下鉄サリン事件はじめ、オウム真理教は社会的に重大な事件を起こした。被害者も遺族もたくさんいる。


三女さんは、本などの中で過去がバレて仕事をクビになったなどといったことがあると言及している。

でも、今現在、仕事をして社会生活しているなら、わざわざ本名と顔を出して出版やイベントをしなくていいんではないだろうか。
また、麻原彰晃の罪状を留保するという、良くも悪くも炎上するようなことを言わなくていいのではないか。

本名と顔を出したら現在の社会的地位が危うくなるかもしれないし、炎上しても何もいいことはない。

そんな気持ちで宇未さんにリプも送っていたのだけど、見事に意味がわからない答えばかり返ってきてしまった。

でも、一番怖いなーと思ったのは、あのやりとりを見た人が「宇未さんのどこが悪いの?」と感じて言ってくることなんだよね。
私は論点のすり替えも滝本さんの盲信もなにもしてないのに、宇未さんの発言に引っ張られて、茜こそ論点がすり替えてるし盲信してると言い出す。

三女さんが、普通に社会生活をしてたら、あんな過去があったのに本当にすごい!!!と思う。でも、今、どうもそうじゃないらしい、ということが、今回の次女さんとのやりとりでもうかがえる。

だいたい、アーチャ語りというイベント名を、アーチャリーを名乗る人が容認するわけない。「私はもうアーチャリーと名乗ってないのでそれやめてください」と言えば済む話。

四女さんは社会生活があり自活している、故に本名も名前も出さない。でもオウムの実態について語りたいがために出版や記者会見をしている・・・この方が、内容の真偽はともかく、よっぽど合理性のある行動に思える。

みたいなことを、散文的にツイートしてきたけど、なんとなくこっちでもまとめてみました。


三女さんの目的や意向として考えられるもの 

・自分の信者を増やし定着させ、自己顕示欲を満たす、収入を得る 
・麻原の無罪を主張し、麻原回帰した集団を作る 

みたいなことをどうしても考えてしまうんだよね現状では。 違うなら最近の言動って何の意味があるんだろうと。

そして違うなら、公安の調査対象からすぐにでも外してもらえるよう行動するべきだ。
裁判してるんだっけ、どうなったんだろう。

三女さんにひかりの輪やアレフみたいになってほしくないから、一応こんなことを書いてみました。

ちなみに、「アーチャ語り」のイベントでは、鈴木邦夫が麻原彰晃役だったそうですね。どゆこと?
行ってないけど内容聞いてやばーーーーーーーーーと、思います。

三女さんはオウム真理教信仰に関して限りなくグレー。それゆえに、公安にも調査対象としててほしいなという気持ちがあります。



本日は以上です。

2017年11月30日木曜日

松本宇未様へ質問

ツイッターでのやりとりがぐちゃぐちゃになってしまったので、今一度私が質問したかったこと、やりとりの整理を踏まえてまとめておきます。
私からすると、私の質問にほとんど答えてもらえない、突然決めつけられるなど、困惑することが多くてちゃんとお話できなかったなと残念に思っています。

ちなみに、当然のことですが、私にも間違いや思い違いはあると思います。
その場合、それを指摘していただけたら良いと思いますし、現に四女さんの宗教的地位については間違っていたので訂正しています。

質問は分かりやすく数字で区切りました。数字の項目について「はい」「いいえ」「そう思う」「それは違う(理由)」みたいな感じで、明確に答えていただけたら分かりやすくて幸いです。


1. 詭弁と思われる件について

①四女さんが「お父さん」と呼んだ事に対する揚げ足とり
宇未さんは「聡香は、会見で父を「お父さん」と呼んだことは一度もないと言った。」などとツイートされ、四女さんの著書「私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか」では「お父さん」と呼んだと書いていて四女さんが嘘をついているとされている(2017年11月22日のツイに基づく)が、「「お父さん」と呼んだことは一度もない」とは四女さんの心情を鑑みると麻原氏の逮捕前から逮捕後に一貫して「麻原氏を父と思ったことはない」といった意味の発言であり、著作中では拘置所の面会で立場上「お父さん」と呼びかけたに過ぎないと思われます。そういった意味の発言を単に「嘘」と認定するのは揚げ足取りではないでしょうか。

②四女さんが気絶したと発言している件に対する詭弁
宇未さんは、四女さんの会見内容で三女さんが、幼い四女さんを熱湯風呂の修行の見張りをし、出ようとしたらおさえつけたことは嘘である(2017年11月22日のツイに基づく)とツイートされているが、その出来事と発言に対して「もちろん嘘だ。聡香は意識がなくなったと主張するのが好きだが、わたしは聡香が気絶するところを一度も見たことがない。」とツイされています。しかし、宇未さんが四女である聡香さんが気絶することを見た事が無いだけであり、宇未さんの見ていないところで四女さんは気絶するほどの修行という名の虐待を受けた可能性があるのではないのでしょうか。

③四女さんが教団から離れた時期についての詭弁
宇未さんは、江川さんのブログ記事(http://www.egawashoko.com/c006/000237.html)を挙げ、「果たして滝本氏は、何を根拠に、「一部報道で四女が『2007年教団から離れた』というような書き方があるが、それは違います、家族から前年に離れ、更に教祖への帰依からスッキリ離れたのが2007年です-」と書かれるのか。」と書かれています(2017年11月23日のツイに基づく)が、江川さんは2007年09月12日付で未成年後見人辞任許可申立書を提出したのみであり、内容にある「しかし、残念ながら彼女の父親を「グル」と崇める気持ちや宗教的な関心は、私が気が付きにくい形で、むしろ深まっていました。」という文言が2007年の話であるとは書いておられず、2007年09月12日付ではどこで何をしているのか分からないというのみです。これは事実とは違うことをツイされている、または提示されている情報を歪曲して判断されていることとなりますが、どのような意図があってこのような発言をされたのでしょうか。

④私の発言に対する話題のすり替え
宇未さんは、私のツイ「(四女さんの)江川さん時代の頃は、色々お辛かったのだろうなと感じますが、もう過去のことで、他人に掘り起こされてやいやい言われることでなく、当事者同士の問題かなと思います。」に対して、「ご自分が被害に遭われていないので、人ごとなのだと思います。また、聡香が記者会見を開いたのは数日前ですよ。新たな嘘が量産され、とても「過去のこと」とは思えないのですが。」とリプしていただいてます(2017年11月25日のツイに基づく)が、会話の流れからしても「過去のこと」とは四女さんが江川さんのところにいた頃のことです。なぜ数日前の記者会見と話題をすり替えようとされたのですか。


2.三女さんの立場について

①三女さん(麗華さん)はオウムから悪魔呼ばわりされているのかどうか
宇未さんは「麗華はアレフから「悪魔」として攻撃されております。宗教において、「悪魔」がどういう意味を持つかは、ご理解いただけると想います。」(2017年11月24日のツイに基づく)とツイされていますが、アレフの広義であるオウムに悪魔呼ばわりされているとは書かれていません。すなわち、オウムの教義を今も大切に思っておられる三女派と呼ばれる人たちには悪魔とは呼ばれず、むしろ信望されている可能性もあるという風に読み取ってもよろしいでしょうか。また、その後のツイで「教団」というワードも出てきますが、教団というワードのみではさらに意味が曖昧になっているため、「三女さんがオウム信者の方たち全般に悪魔呼ばわりされていて、オウムとは縁を切っている」といった解釈はできないということでよろしいでしょうか。

②三女派について全く知らないという姿勢をとられることについて
宇未さんは「三女派とは一体何ですか? 三女派という麗華も知らないものが、麗華を「肯定」した場合(この事実もわたしは知りませんが)、オウムと生活をしていることになるのですか? 茜さんは、滝本氏の書いた推測記事を元に、更に推測をして疑問を感じられるのですか?」(2017年11月24日のツイに基づく)とおっしゃられてますが、それではなぜ麻原氏の三女さんこと松本麗華さんが未だに公安から幹部認定を受け、観察処分対象となっていると思われていますか。オウム真理教の分派の中に三女派が存在し、今もカルト的に三女さんを信仰しているから公安から危険視されていると、報道からは読み取れますが、それは事実とは異なるのでしょうか。



3.オウム真理教の解釈について

宇未さんは「オウム真理教は、現在この世に存在しません。2000年に消滅しています。現在のロシアを語る場合に、ソ連とは言わないでしょう。それと、ご自分の目で見てもいないことを、信仰する相手の言葉を鵜呑みにして思考を放棄することは、それこそカルトではありませんか?」(2017年11月25日のツイに基づく)とツイされてますが、オウム真理教の後継団体・・・つまり、名前を変えただけで今もオウム信仰を続けている団体が、少なくとも現在3つあり、公安による観察処分の対象になっています。その団体をオウム真理教と呼ばずして何と呼ぶのでしょうか。この考え方は、世間とはあまりにもかけ離れていませんか。


4.滝本太郎弁護士の言動について
宇未さんは「滝本氏に真心があるかどうかは、わたしにはわかりません。わたしにわかるのは、滝本氏の行動や、滝本氏が書いた虚偽の記事で、わたしたちが迷惑を被るという事実です。滝本氏の現在の行動が、わたしを苦しめています。」(2017年11月24日のツイに基づく)などとツイされてますが、
①−1滝本氏が書いた虚偽とは具体的にどの記事を指しますか。
①−2滝本氏の現在の行動は、四女さんと三女さんに関わる事であり、あなたとは直接は関係ありません。なぜあなたを苦しめているのですか。


5.松本智津夫さんの罪状について
宇未さんは「麗華は、裁判の内容を知らないから「留保」すると言っているわけではありません。きちんと当事者の主張に目を通してください。」(2017年11月25日のツイに基づく)などとおっしゃられ、松本智津夫さんの罪状認定について留保が妥当であるとの三女さんの見解を肯定されていますが、
a.松本智津夫さんが事件について何も語っていないことはありません。(麻原さんの意見陳述要旨 (1997年4月24日)
b.松本智津夫さんは裁判が進むにつれ、次第に語る事を止めましたが、元弟子の暴露が明らかに影響を与えています。このあたりの流れも裁判資料に目を通せば明らかです。
c.つまり、松本智津夫さんは、自分に都合の悪い情報から逃げたと言う風にもみれます。
d.と同時に、次第に拘禁症状のようなものもみられています。

上記a〜dから、松本智津夫さんは拘置所で拘禁症状となり、適切な治療を受けていないことは明らかですが、それ以前の段階で自分の罪の重さから逃げた可能性も高いと思われます。この裁判の内容から「松本智津夫さんの罪を留保する」と発言されるのは、無理があるのではないでしょうか。


6.宇未さんの決めつけについて
①私が滝本さんをとても信望しているような決めつけについて
宇未さんは私について「家族でもない茜さんが、滝本氏の代弁者となって」「滝本氏を盲信され、わたしが知っている事実関係について申し上げても、滝本氏の主張を繰り返されるばかりだと感じております。事情をご存じない以上、双方の情報を加味されるべきでしょう。」(2017年11月25日のツイに基づく)などとツイされてますが、
①−1 私がいつ滝本さんの代弁者になりましたか。
①−2 私がいつ滝本さんを盲信しましたか。
①−3 私がいつ滝本さんの主張を繰り返しましたか。
①ー4 私がいつ滝本さんのみの情報でお話ししている内容を決めつけましたか。

上記①ー1〜4について本当に分からないのでお答え願いたいです。もし、私にそのような素振りがあったとしたら、完全に私の過失なので、訂正し謝罪したいと思います。


②私が名誉毀損を行っているという件について
宇未さんは「茜さんご自身も、名誉毀損行為を行い、わたしたちに対する直接的な加害者になっているという事実を、ご指摘申し上げます。」(2017年11月28日のツイに基づく)とツイされていますが、私がいつどこで名誉毀損行為を行い、加害者となっているのか、具体的に教えてください。
もし、私にそのような素振りがあったとしたら、完全に私の過失なので、訂正し謝罪したいと思います。


以上です。

2017年11月27日月曜日

滝本弁護士の資料、麻原彰晃(松本智津夫)次女さんとのツイッターやりとり



滝本弁護士のブログ
正直、アカっぽいことはちょっとよく分からないのですが、オウム真理教事件とオウム真理教関連の情報に関しては、とても分かりやすくまとめられています。
特に、最近の記事「オウム集団 3つの報告書」は必読中の必読。オウム真理教事件、麻原彰晃、収監されてる人たち、そしてオウムの事件後の流れについて、ばっちりおさえられていて分かりやすいです。



で最近、四女さん(松本聡香さん・仮名)ニュースになっています。
この弁護人を努められたのも滝本さん。
麻原死刑囚の四女「父の命令で死にそうになった」、推定相続人から父母の廃除決定…「見えない縛りが消えた」

このニュースについては、よかったなー自立がんばれーという風に思いました。
教祖の子供は私と同年代で、気にかかるんですよね。




ただ、ツイッター開くのが最近ちょっと憂鬱です。

松本智津夫さん次女(松本宇未さん・仮名)。
はじめは議論する気なんてなくてただ引用RTしただけなのですが、それをリプと捉えられたのか、なんだか執拗につっかかってこられてどうしようとなっています。

と同時に、世間との認識の違い、都合の悪いことは相手を悪く言うことで隠そうとするなど、やはりオウム真理教・・・その後継団体に依存して生活されているのだなという感じが、残念ながら強まりました。

少しでも読みやすいように、togetterにまとめておきました。
上から順番に読んでいただければ時系列です。

麻原彰晃(松本智津夫)次女さんの発言とリプライやりとり


以下、補足というか、もう少し詳細に行きます。

というか、リプライをしていてもお話にならなくて困っているのです。
私の発言について、「滝本氏の言葉を盲信し、決めつけている」「滝本氏は虚偽の事実をブログに書いた」など、どこかで見たような決めつけと話の聞かなさがすごくて、リプ欄もわやになり、ちょっと私自身もまとめたいなあと感じておりまして、私なりのツッコミ、まとめてみます。

ちなみに、リプのやりとりに加え、通常のツイでも「ん?」と思ったことも入れてみました。



宇未さん)聡香は、会見で父を「お父さん」と呼んだことは一度もないと言った。
会見がはしょられているのかもしれないけど、文脈から「父の逮捕前にお父さんと呼んだことは一度もない」ということなのでは・・・?次ツイで挙げている著書の場面は逮捕後の面会時の話なので、面会時に「尊師」とか呼んでたら変だし。揚げ足取り的なツイに感じる。


宇未さん)
もちろん嘘だ。聡香は意識がなくなったと主張するのが好きだが、わたしは聡香が気絶するところを一度も見たことがない。
ニュース動画の中の発言では、「熱湯風呂に付き添っていた三女」「三女に頭を抑えつけられた」といったのみで、次女さんが「わたしは気絶するところを一度も見たことがない。」と発言しても、次女さんの見てないところで行われていたのでは?と思う。こういう逃げ道のある書き方ってどうなんだろう。


宇未さん)
・オウム真理教時代、三女の麗華と四女の聡香と、どちらが宗教的地位が高かったか。それは聡香である。

・滝本氏の理屈では、わたしは四女に従っていなければおかしい。

宗教的地位に関しては、「正大師」という「尊師」に次ぐ地位(ステージ)があったが、後付け的に正大師の上に「正報師」という地位が出来てそれが四女さんらしい。しかし、滝本弁護士がブログで指摘しているように、三女さんは『大乗のヨーガ』を成就しているそうなので三女さんのほうがやっぱり上だそうです。
(H29.11.28追記。四女さんは麻原さん逮捕前に「報身のヨーガ」を成就してるそうなのでやっぱり四女さんの方が上だそうです。この件に関しては滝本さんの思い違いかも。)
あと、諸文献を見ている感じ、やはり三女さんの方が幼少期に優遇されて育ってきたのかなという感じがあります。幼少期に、多少なりとも肯定されて育ったら、やっぱり大きくなっても親を大切にしたいものだよなと思いました。四女さんは破片入りオムレツを食べさせられたり、挙げ句5〜6歳の頃には親が逮捕されてしまうし、悪い思い出が多くて三女さんよりは冷遇されていた印象が自分の中でも強かったのかもしれない。


宇未さん)
滝本氏は、聡香が「家族から前年に離れ、更に教祖への帰依からスッキリ離れたのが2007年です」とも書いている。江川紹子氏が書かれた「未成年後見人の辞任について」egawashoko.com/c006/000237.ht… の記事の日付は、2007年09月12日。


江川さんは2007年09月12日付で未成年後見人辞任許可申立書を提出したのみであり、内容にある「しかし、残念ながら彼女の父親を「グル」と崇める気持ちや宗教的な関心は、私が気が付きにくい形で、むしろ深まっていました。」という文言が2007年の話であるとは書いていない。2007年09月12日付ではどこで何をしているのか分からないというのみ。
こういう歪曲された読み方をされるのは江川さんにもよくないと思う。


宇未さん)
麗華はアレフから「悪魔」として攻撃されております。宗教において、「悪魔」がどういう意味を持つかは、ご理解いただけると想います。

※麗華・・・三女=アーチャリー=松本麗華(本名)さん

「アレフから悪魔として攻撃」・・・ほほう、と思ってしまう。
滝本弁護士の記事や報告書からみるに、新たにオウムの後継団体と認定された「山田らの集団」は三女派であるとのこと。また、一人オウム状態の方もたくさんいて、「オウム」は「アレフ」以外にもたくさん存在していることとなる。「アレフ」のみからは悪魔扱いかもしれないが、オウム信者さん全体からみたら三女さんを信望されている方は多いとみられる。


宇未さん)
麗華自身が教団と関わりたくないと考えているというのをおいても、教団から「悪魔」扱いされている麗華が、どのように教団と関わり、教団と生きていけるとお思いですか?


この「教団」も何を差すのか、言葉がさらに曖昧になっている。
さらに、


宇未さん)
オウム真理教は、現在この世に存在しません。2000年に消滅しています。現在のロシアを語る場合に、ソ連とは言わないでしょう。それと、ご自分の目で見てもいないことを、信仰する相手の言葉を鵜呑みにして思考を放棄することは、それこそカルトではありませんか?


マジか・・・
思わず絶句してしまった。この認識、さすがにやばいのでは・・・
思わずこう返しました。

私)えーと…世間的にはオウム真理教の後継団体がアレフとひかりの輪と山田らの団体と呼ばれてるものなのですが、あと一人オウム状態になられてる方とかおられるわけでして、名前が変わってるだけでオウムはまだ存在するというのが世間一般的な考え方となりますよ…

しかし、経緯を見ていただけるように、オウムはもうない、ロシアをソ連と呼ぶのと同じという謎理論で応戦しようとしてこられるので、なんかもういいやとなってしまいました。


宇未さん)
三女派とは一体何ですか? 三女派という麗華も知らないものが、麗華を「肯定」した場合(この事実もわたしは知りませんが)、オウムと生活をしていることになるのですか? 茜さんは、滝本氏の書いた推測記事を元に、更に推測をして疑問を感じられるのですか?


もうこの発言に泣きそうになったのですけども、こうまでしないと生きていけないのかなあ、この人たち・・・
三女派の存在を必死で、こんな私なんかの一般人の小物に対しても否定して、都合の悪いことは知らぬ存ぜぬで・・・これじゃあ話にならないです、本当に。
ちなみに、私は三女派は滝本さんからの情報のみで「ある」と言っているのではなく、実際にネットでは書けないような所とか人から話聞いて多角的にみて「あるんだなあ」と思っています。


私)
滝本さんは、ちょっと行きすぎちゃうとこも見られますが、まごころある方だと思っています。なにせ、坂本弁護士の事件の頃から教団に真摯に関わっておられますから…


宇未さん)
滝本氏に真心があるかどうかは、わたしにはわかりません。わたしにわかるのは、滝本氏の行動や、滝本氏が書いた虚偽の記事で、わたしたちが迷惑を被るという事実です。滝本氏の現在の行動が、わたしを苦しめています。過去の功績を謳われても、現在は救済されません。


私が本当に滝本さんすごいなと思うところは、同僚の坂本弁護士が殺されて、復讐や個人的感情にかられすぎることなく、オウム真理教に真摯に関わろうとされてきたところです。坂本弁護士事件の概要から、滝本弁護士の動き、ちょっと調べたら出て来るので、そういうことにちょっとでも触れてほしいな、と思ったらいただいたリプはこれでした。滝本さんのことを少しでも知ろうとされたら、こんな「わかりません」みたいな全否定出て来るかなあ、残念です。
で、滝本さんは弁護士なので、職業倫理も当然お持ちですし、嘘ばっかり発表してたら職を失います。さらに、この何十年もの関わりから、今更嘘や適当な発言はされない、してもメリットないと思いますので、嘘だと決めつけることは早計としかいいようがありません。
さらに、「迷惑を被る」とは、よくおっしゃられてますがなぜなんだろうといつも思います。
例え誰かに嘘を疲れても、多少は弁明した方がいいですが、まあ、嘘つきは冷静に対処して無視するしかないと思います。なぜこんなに感情的に、一般人にもつっかかってこられるのか?疑問です。
家族だったとはいえ、四女さんとは道を違えた、お互い元気にやってる、それでいいじゃんと思います。

もうこれは私なりの悲しい予想なのですけども、三女さん、次女さんはやはり三女派と呼ばれるオウムの後継団体やオウム信仰のある方たちと繋がっていて、その方たちからなんらかの利益を得ている、だから、三女さんの考え(事件は弟子の暴走、麻原は事件を起こしたかどうか不明といったオウム信者さんが好きな考え方とか)を否定する人や過去のよくなかったことを暴露するなど都合の悪い事を言う人を黙らそうとする・・・

今回の出来事でそれが確信にかわりつつありとても悲しい。

本当に滝本さんの行動だけが、次女さんたちを苦しめているのだろうか。


宇未さん)
裁判資料とは何を言っておられますか。麗華が「留保」すると語っているブログの記事を、きちんと読んでおられますか? 麗華は、裁判の内容を知らないから「留保」すると言っているわけではありません。きちんと当事者の主張に目を通してください。

私)
一連の事件の裁判資料をですね、きちんと読んで、理解したらば、留保という結論になるのは、いささか無理があるんじゃないかということです。今は死刑囚の方に借りパクされたのですが、麗華さんの本も読ませていただいてます。ちなみに死刑囚の方もちょっとこの主張は無理じゃないかなと仰られました。


宇未さん)
・わたしは、麗華の主張も理解できます。法によって罪を裁くのであれば、それは憲法や法律を遵守したものでなければならない。父は裁判を受けられていません。父に治療を施し、きちんと裁判を受けさせたい。適正手続に則った裁判の結果が出るまで、「留保」する。

・当事者である父が語れていないというのは、裁判史上でも異常な出来事です。また、刑事訴訟法を勉強すればわかることですが、共犯事件の場合、共犯者の自白は自己の刑事責任を免れ、または軽減されることを企図して第三者を巻き込むなどの虞があり、誤判が生じる危険性があると言われています。

・共犯者とされる方たちが、いかに洗脳されていた、マインドコントロールされていた、麻原の指示は絶対だったと言ったとしても、それが巻き込みでないとは言い切れません。だからこそ、父は裁判を受ける必要があるのです。



私)
松本智津夫さんははじめ裁判を受ける能力を有してましたが、元弟子の暴露などあり都合の悪い立場になってしまい、裁判を自ら放棄したようにも見られます。そのような態度も加味された上での事実の認定、判決なんだと思います。


宇未さん)
父は、病気が悪化する直前、弁護側の反対尋問権を放棄したのです。証人尋問を妨害した訳ではありません。また、法廷にオムツをつけてこられ、言葉もまともにしゃべれない被告人がいたら、「そのような態度」を加味して判決を下すことは許されません。



さらに、「裁判資料をそれなりに読めば、麻原の罪を留保するという結論にいたらないのでは?」という私の指摘について、こちら。
麗華さんのブログも本(宮前さんに借りパクされてるけど)も読んでますが、やっぱり私は上記の結論に達します。
また、第一回目の審理から法廷にオムツをつけて来たわけではないので、やはり麻原氏の責任能力が一貫して無いみたいな言い分は無理があるのではと思います。みなさんご存知のように証人尋問も妨害していますね(青沼陽一郎著「オウム裁判傍笑記」なんかに詳しい)。都合の良い事実と記録のみ取り出して読んでいるのではないかなあと、それじゃ昔のオウムと一緒ですよと。


宇未さん)
滝本氏を盲信され、わたしが知っている事実関係について申し上げても、滝本氏の主張を繰り返されるばかりだと感じております。事情をご存じない以上、双方の情報を加味されるべきでしょう。滝本氏は、わたしや麗華と親しく会話をしたこともなく、実情を知る立場にありません。


突然私が滝本さんを盲信しているというリプがきたので、びっくりしました。びっくりして「気持ち悪い」と言ってしまいました。滝本さんごめんなさい。
また「滝本氏の主張を繰り返されるばかり」→どこが?そもそも「主張」ってなんやねん・・・ただのリプライを主張と言い換えられるとなんか怖い。
「事情をご存じない以上双方の情報を加味されるべき」→もちろん加味した上でお話しています。
「滝本氏は、わたしや麗華と親しく会話をしたこともなく」→親しく会話したからといって実情を知るかといったらそうではないでしょう。


私)
江川さん時代の頃は、色々お辛かったのだろうなと感じますが、もう過去のことで、他人に掘り起こされてやいやい言われることでなく、当事者同士の問題かなと思います。
宇未さん)
ご自分が被害に遭われていないので、人ごとなのだと思います。また、聡香が記者会見を開いたのは数日前ですよ。新たな嘘が量産され、とても「過去のこと」とは思えないのですが。

私が言いたかった「過去のこと」は当然「2007年まで江川さんのところに居て逃げ出したこと」なので、こういう揚げ足取り的なリプライもなんかすごいな、SASUKE?って思ってしまう。
で、私が被害に遭っていないから余計なことを言うなと言われるけど、そもそもから言っているように、私は感じたままにツイートしているだけなので、その自由なツイをなぜ封じられようとされねばならないのか、イヤなら見なきゃ良いのだし、議論できないなら無視すればいい。これが疑問だし、ある意味私にとっても被害です。


その他にも、細かい単語の使い方などにつっかかってこられたりされて、「これ、カルトの人のリプでよく見るやつ」と感じました。

で、そんなことばっかりになってきたので、答える気があるならもう一度私の発言を読んでほしいなとお伝えしたのですが、やはり盲信してるとか決めつけてくるので、お話するのイヤになっちゃいました。

ただ、まとめてみたいと思ったのでまとめてみましたし、この記事を宇未さんが読まれた上で、盲信などの決めつけでなくなにかご意見があるならば賜りたいと思います。


本日は以上です。